ホーム任意整理TOP > 任意整理のポイント

「任意整理」のポイント

  • 任意整理の返済期間は、一般的に3年~5年という長期間になります。
    想定外のトラブルがあっても対応できるように、少し余裕を持たせた返済計画にしておくことがオススメです。
  • 任意整理は、相手会社との任意交渉です。
    返済が長期間滞っていたり、既に裁判を起こされていたりすると、交渉の難易度も上がってしまいます。
    あまり状況が悪化する前に、早い段階でご相談ください。

任意整理は相手会社との任意交渉であり、ご希望通りの結果実現を100%お約束できるわけではありません。

ただ、一般的な消費者金融やカード会社であれば、ほとんどのケースで将来利息をカットし、従来よりも大幅に負担の軽い返済計画を組みなおすことに成功しています。

将来利息をカットするという任意整理の特性上、早めに決断されることで、トータルの支払総額を、より軽減することができます。

ギリギリまで頑張るのではなく、状況が悪化する前に対処しましょう。

具体的な解決事例も含めて、弁護士が方針をご提案します。

まずは「名古屋駅 弁護士の無料法律相談」をお申込みください。

当ページのコンテンツ一覧

「現実的な返済可能額」を決めましょう

任意整理は、「毎月の支払が苦しい」という方が、現在よりも負担の軽い内容で返済計画を組み直して、引き続き返済していくという解決方法です。

あなたの「毎月、確実に返済できる金額」を弁護士が事前にお聞きして、その予算内で返済計画を立てます。

まずは、家計の収入と支出をよく検討・整理してみてください。

任意整理をした後の返済期間は、元の負債総額や返済可能額にもよりますが、多くの場合では2年から3年程度、場合によっては5年を超えることもあります。

返済計画を立てる際は、想定外の事態が多少あっても対応できるよう、限界ギリギリの予算で返済計画を立てるのではなく、ある程度の余裕を持たせることをお勧めしています。

余裕を持たせた「現実的な返済可能額」を設定することが、最初のポイントです。

最後まで返済していけそうですか?

「任意整理をしたものの、やはり途中で支払い切れなくなってしまった」
「任意整理で返済中だが、自己破産に切り替えたい」

こうしたご相談をいただくことも、時々あります。

任意整理は、破産や再生のように厳しいルールがなく、裁判所を通すこともないため、自由度の高い債務整理方法です。

官報に載ることもなく、裁判所に呼ばれることも無いため、ご本人様にとって負担の軽い解決方法でもあります。

このような特性から、任意整理はご本人にとって比較的、抵抗感も少なく選択可能な解決方法といえます。

ただ任意整理は、自己破産個人再生のように、負債の一部または全部を法的に免除するという強力な効果は有していません。あくまで債権者と合意した条件で、現在の返済負担をある程度、軽減するという解決方法です。

もし最後まで返済を終えることができず、あらためて自己破産や個人再生をやり直すことになった場合、それまでに支払った分は戻ってきません。

自己破産や個人再生をするための費用や時間が、さらに必要となってしまいます。

「任意整理を行った場合に想定される返済計画」が、現実的に考えて最後まで実行できるかどうか不安ケースについては、思い切って自己破産や個人再生を選択することが、長い目で見て生活がより楽になる選択肢かもしれません。

「これから何年間も、この支出が毎月続く状態に耐えられるのか?」という点については、事前に十分検討してみてください。

任意整理のポイント まとめ

任意整理は、ご本人様の返済能力に、大きく依存する解決方法です。

現実的に考えて、任意整理をオススメしたいケースかどうか? 当事務所としても、ご本人の収入や債務の状況を検討し、率直なアドバイスやご提案を差し上げます。

最終的な解決方針は、あくまでご本人様に選択・決断していただきますから、納得いくまで検討していただいて、最もご希望に沿った解決手段をお決めになってください。

まずは「名古屋駅 弁護士の無料法律相談」をお申込みください。

任意整理 よくあるご質問   【もっと見る】 

任意整理の費用   【他の解決方法との費用比較】

  • 1社あたり2万円

【成功報酬】【減額報酬】【基本料金】などは一切不要です。
上記費用が必要な費用の全てです。

消費税が別途生じます。 ※過払い金の裁判を起こす場合も、訴状作成費用や出廷費用などは不要です。 ※過払い金の裁判により出廷する場合も、愛知県・三重県・岐阜県・静岡県の裁判所については出張日当は不要です。