ホーム任意整理TOP > 任意整理に適したケース

「任意整理」に適したケースとは?

  • 「もう少し負担が減れば、問題なく返済できそうだ」という方
  • 「どうしても全額返済しなければならない相手」がいる方
  • 「自己破産・個人再生にはどうしても抵抗がある」という方
  • 「自己破産も、個人再生も選択することが難しい」事情のある方

自己破産や個人再生は、債務元金そのものの減免という強力な効果を有する反面、法律や裁判所が定める細かいルールの遵守が求められ、裁判所の厳密なチェックを受けなければなりません。

任意整理は、こうした制約を回避できます。

自己破産や個人再生では実現できないご希望をお持ちの方は、任意整理による解決を検討してみてください。

ただ任意整理は、「ご本人の返済能力」に大きく依存する解決方法でもあります。

自己破産個人再生によって、現在の債務総額を大きく減免しなくとも、将来利息の発生をストップすれば返済していけるだけの経済力が大前提となります。

ご本人の返済能力および、現在の客観的な状況を勘案し、弁護士からも最適な選択肢を提案させていただきます。

まずは「名古屋駅 弁護士の無料法律相談」をお申込みください。

「もう少し負担が減れば、問題なく返済できそうだ」という方

  • 自己破産や個人再生をするほど、状況が悪化していない方
  • 現状でも返済は可能だが、返済負担を今よりも減らしたい方

「もう少しだけ返済の負担が減れば、問題なく返済していけそうだ」という方は、自己破産や個人再生ではなく、まず任意整理による生活再建を検討してみてください。

任意整理は、裁判所へ出向く必要もなく、官報公告されることもありません。

ご本人にとって大きな抵抗感を伴わず、返済の負担を減らすことが可能となります。

「どうしても全額返済しなければならない相手」がいる方

  • ローン中の自動車をどうしても手放したくない場合
  • 連帯保証人がおり、どうしても迷惑を掛けられないという場合
  • 親族や勤務先からも借りており、絶対に債務整理を知られたくない場合

「自己破産」や「個人再生」を選択する場合、「全ての債権者を対象にして、かつ平等に取り扱う」というルールが強制されるため、特定の相手だけ対応を変えることができません。

「この借入先には連絡しないでほしい」
「自動車ローンだけは返済を続け、他の会社を債務整理したい」
「連帯保証人が付いている奨学金だけはこのまま返済したい」

こうした行動は許されず、親族も知人も連帯保証人も自動車ローン債権者も、一律に取り扱うこととなります。

一方、任意整理は、裁判所を通さず当事者間で行う交渉ですから、「どの会社を任意整理するか」を選択することができます。

ご希望および具体的な状況に応じて、柔軟に方針を検討させていただきます。

「自己破産・個人再生にはどうしても抵抗がある」という方

自己破産や個人再生には、債務の元本自体を減免するという強力な効果がありますが、「恐ろしい」「難しそう」といったイメージもあり、できれば選択したくないという方もいらっしゃいます。

自己破産や個人再生について、その内容やメリットも十分理解した上で、それでもやはり「任意整理で頑張って返済していきたい」というご希望の方については、少しでも有利な、返済負担の軽い内容の返済計画となるように、弁護士が全力で交渉を行います。

ただ任意整理では、債務そのものの大幅な減額は期待できませんから、債務総額が非常に大きくなっている場合、任意整理が効果的な解決方法にならないケースがあることも事実です。

実際にどうするかは別として、「自己破産個人再生についても一応聞きたい」という方は、お気軽におっしゃってください。

それぞれの解決手段について、弁護士から具体的なご説明を差し上げますから、その上で方針をご検討いただきます。

自己破産も、個人再生も選択することが難しい事情のある方

少数派ですが、「自己破産も個人再生も選択することが難しい」という方がいらっしゃいます。

例えば、「自宅の不動産をどうしても手放せない」方は自己破産を選択できませんが、自宅不動産の現在価値が住宅ローンの残高を大幅に上回っている状態の場合、「個人再生をしても負債が全く減らない」という結論になることがあります。

こうなると、自己破産も個人再生も選択できませんから、「自宅を残す」という希望を最優先する場合、任意整理によって少しでも負担を軽減した上で、頑張って返済していくほかはありません。

現実的に実行可能な返済計画を組むことができるかどうか、ご本人様の返済能力次第ということになります。

このように、自己破産も個人再生も難しいケースが、ときどき見られます。

こうした展開になると、ご本人様としては、確かに難しい状況におかれます。
しかし現状を「任意整理」によって乗り切ることも、全く不可能ではありませんから、まだ諦めるべきでもありません。

元の債務総額が大きければ、将来利息カットの効果幅も大きくなり、任意整理のメリットがより強調されてくるからです。

相手会社にご本人の状況をよく説明しつつ、可能な限り超長期の分割返済を組むことで、従来よりも返済の負担を軽くすることができるように、弁護士が交渉を進めてまいります。

★こちらもご覧ください
■ 任意整理 当事務所の解決事例

任意整理に適したケースとは? まとめ

このように任意整理は、当事者間の交渉ならではの特性があります。

消費者金融やカード会社のキャッシング・ショッピングは、利率もかなり高く、元の約定通りに返済していくと、なかなか元金が減りません。

任意整理によって将来利息をカットして、返済総額を固定することで、かなり毎月の負担が減ったと実感していただけるケースも多いかと思います。

まずは「名古屋駅 弁護士の無料法律相談」をお申込みください。

任意整理 よくあるご質問   【もっと見る】 

任意整理の費用   【他の解決方法との費用比較】

  • 1社あたり:3万3000円
  • 1社のみの場合:5万5000円

【成功報酬】【減額報酬】【基本料金】などは一切不要です。
上記金額が、必要な弁護士費用の全てです。(実費は別途、ご負担ください。)
★調査の結果、消滅時効の援用に方針を切り替えた場合でも、追加費用は不要です。

すべて消費税(10%)込みの価格です。 ※任意整理・時効援用について、裁判や支払督促への対応が必要な場合の費用は、別途ご相談させていただきます。 ※過払い金が生じており、裁判を起こす場合も、訴状作成費用や出廷費用などは不要です。 ※過払い金の裁判により出廷する場合も、愛知県・三重県・岐阜県・静岡県の裁判所については出張日当は不要です。