自己破産して免責されるまでの流れ

自己破産・免責までの流れ 名古屋駅の自己破産 弁護士の無料法律相談

自己破産の法律相談から、「免責許可決定」が確定して債務の支払義務が免責されるまでの一般的な進み方をご紹介します。

★ 自己破産のポイント

★ 「予納金」はいくら必要?

★ 自己破産 進み方

★ よくあるご質問・Q&A

★ 当事務所の「解決事例」

相談申込の電話をかける TEL:0120-758-432

PC版サイトも開設しています


自己破産・免責許可の実績豊富な事務所です


「自己破産」の進み方(免責までの流れ)

  • 自己破産して「免責許可決定」の確定を得ることで、キャッシングやカード利用の支払義務が、原則的に全て免除されます。
  • 「同時廃止」の場合、裁判所に破産申立を行ってから免責が確定するまで、一般的には4ヵ月程度です。
  • 「管財事件」の場合、個人破産については「債権者集会」を1回のみ実施するケースが大多数です。この場合、裁判所に破産申立を行ってから免責が確定するまで、5ヵ月程度です。

免責が確定して全て解決するまでの時間は、みなさん様々です。

弁護士費用の分割払をされている方がほとんどですから、まず弁護士費用が完納となるまでの時間が必要です。
(業務自体は、ご依頼直後から開始します。費用を全て払わないと弁護士が動かないということではありません)

その後、自己破産の申し立てを裁判所に行います。
破産申立後のスケジュールは裁判所が決定しますから、案件ごとに異なります。
ただ、大きな問題が無ければ、破産申立から半年程度で、免責確定まで全て完了しているケースが多いです。

専門的な部分は、あなたの「代理人」として弁護士が対応しますから、何も難しいことはありません。

ご本人様は、「絶対に立ち直りたい」という強い気持ちをもって、弁護士に何でも相談し、弁護士からのお願いについて、きちんと対応していただればよいのです。


まずは「名古屋駅 弁護士の無料法律相談」をお申込みください。


名駅スグ 債務・過払の無料相談


1 まずは無料法律相談


2 弁護士への正式なご依頼


3 業務開始です。すぐに電話や取り立てを止めます。


4 自己破産する上での問題・課題を調査・検討します。


5 自己破産の申し立て書類を作成します。


6 裁判所に「破産手続開始申立書」を提出します。


破産申立から1週間~3週間程度

7 官報公告費用・管財予納金を裁判所に納付します。


官報公告費用・管財予納金の納付から数日

8 「破産手続開始決定」が出ます。


破産手続開始(廃止)決定から約2か月後

9 免責審尋
(【同時廃止】の場合のみ )


9 債権者集会
(【管財事件】の場合のみ )

9 免責許可決定
(【同時廃止】【管財事件】両方)


約1ヵ月後

10 免責許可決定の確定
(【同時廃止】【管財事件】両方)


弁護士に自己破産のご依頼をいただいてから、免責の確定を得るまでの基本的な流れは、このような形になります。

「同時廃止」の場合、破産申立をしてから免責が確定するまで、通常は4ヶ月程度です。

「管財事件」の場合、債権者集会が何回開催されるかによって全く異なりますが、集会1回のケースでは、破産申立をしてから免責が確定するまで、通常は5ヶ月~6ヶ月程度です。

消費者金融やカード会社に対する返済義務は、この免責確定によって全て免除されていますから、今後は前向きに頑張って、新しい生活をスタートさせてください。

まずは無料法律相談を!

自己破産の法律相談を受けていただいてから、自己破産申立を経て、免責許可決定が確定するまでの一般的な流れは、このようなものです。

実際の進め方は、案件の内容に応じて、適切なプランを立てていく必要がありますから、担当弁護士とよくお話をしていただいて、疑問点やご不安な点なども、どんどんおっしゃってください。

まずは「名古屋駅 弁護士の無料法律相談」をお申込みください。

相談申込の電話をかける TEL:0120-758-432

PC版サイトも開設しています

名駅スグ 債務・過払の無料相談

自己破産 他の記事へ

■ 自己破産 TOP

■ 同時廃止 狙います!

■ 免責が不安な方

■ 自己破産のポイント

■「予納金」はいくら必要?

■ 自己破産 進み方

■ よくあるご質問・Q&A

■ 当事務所の「解決事例」


はじめての方は、こちらもご覧ください

はじめての方へ


自己破産 Q&A

(参考)個人再生 Q&A

よくあるご質問

PC版サイトも開設しています